町田福祉園 Mobile Site
町田福祉園 Mobile Site

GMコラム  行事・イベント
ショートステイ  ボランティア

新着情報

『福祉の仕事に就く人に、絶対に読んでほしい55の言葉』書評 入江元太氏

2011年07月13日


『福祉の仕事に就く人に、絶対に読んでほしい55の言葉』書評


『福祉の仕事に就く人に、絶対読んでほしい55の言葉』で、
福祉の世界に身をおく人なら絶対に共感できる言霊に、
たくさん出会いました。

一例をあげると、
『福祉とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉』
『困ったことをする人は、本人が一番困っている』
『人の幸せを支える人の方が幸せになる』
などなどです。

支援者として力を発揮できるかどうかは、
「生きにくさ」の中でさまざまな「困難」や「孤独」を経験してきた
ご利用者の心にどこまで共感できるか、という点にかかってきます。

共感できない人は、共感できるようになるまで、
いち作業者として甘んじることになります。

共感できる人は、人生の支援者として、
ご利用者の人生に素晴らしい意味を見出す仕事ができるようになります。

後者の支援者を増やしたい、という著者・阿部美樹雄さんの熱い想いが
ひしひしと伝わってきました。

そして、このようにご利用者の人生に共感できる支援者は、
ご利用者が幸せになるよう働きかけることによって、
自らも「幸せな生き方」ができるようになります。

「幸せな生き方」は、ご利用者のみならず、周りの人を幸せにします。

こうすることで、阿部美樹雄さんがおっしゃる、
『みんな"よくならなければ"ならないのです』
『すべての人々が安心して暮らすことができる社会』
が実現していくのでしょう。

1ページ読み進めるごとに、自分の支援者としての能力が
少しずつ開花していく気分になりました。
福祉の仕事にたずさわることに、強い誇りを感じるようになりました。

素晴らしい本を、ありがとうございました。


株式会社 入江感動経営研究所 代表取締役
特定非営利活動法人 あるばとろす 監事
経済産業大臣登録 中小企業診断士
入江 元太
〒104-0052 東京都中央区月島2-13-11-1203
TEL: 03-5548-5272  FAX: 03-5548-1335
http://irie-kando.com/

gm book.jpg

前へ:『福祉の仕事に就く人に、絶対に読んでほしい55の言葉』阿部美樹雄GM
次へ:『福祉の仕事に就く人に、絶対に読んでほしい55の言葉』書評 三宅裕之氏

TOP新着情報 > 2011年07月 > 『福祉の仕事に就く人に、絶対に読んでほしい55の言葉』書評 入江元太氏

お問い合わせ


↑『福祉の仕事に就く人に、絶対に読んでほしい55の言葉』書評 入江元太氏 - ページトップへ


研修のご案内
職員採用情報
町田福祉園について
 ├概要・運営理念
 └アクセスマップ
新着情報
プライバシーポリシー
免責事項
サイトマップ


町田福祉園 Mobile Site


↑このサイトのトップへ
町田福祉園 Mobile Site