Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201403/post-144.php on line 109

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201403/post-144.php on line 109

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201403/post-144.php on line 109
忘れる、ことを、忘れない!|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



忘れる、ことを、忘れない!

2014年03月11日


辛さや苦しさを伴う感情は、取り除こうとしてもなかなか取り除くことはできない。

あまりに大きな辛い感情であれば受け入れ昇華し、未来に向くべきなど、とても言えない!

唯一出来ることは傍にいることだけかもしれない。

傍で辛いであろう感情に寄り添い"一緒にいる"ことは、静かだけれど力強い"援け"になる。

人には情動を感じ取る力"情動感染"という力が備わっている。

持っている。

そして雄弁だ。

震災の時、多くの見返りを求めないエネルギーが東北に向いた。

多くの他者のために生き、亡くなった方々のエピソードが語られた。

時間がたち、一向に進まない復興、利権が重なり合う事業、様々なコンフリクトが報道される。

人は弱い存在だと実感させられる。

「人は忘れる、ということを忘れない!」

あの時どんな形でも、役に立ちたいと思った人は多いだろう!

震災以降自らに課していることがある。

募金箱を通り過ぎないということ、必ずしも東日本震災への募金だけではなく、盲導犬や植栽プロジェクトなど様々、でもどこかで誰かの役に立っていると信じている。

わずかだけど毎日だ。意識的に"忘れることを忘れない"ことを続けている。

誰のためでもなく自のため、少しだけFlowになる。

(職員向けメッセージより)

前へ:チャンピオンロード
次へ:自立型人材育成の場をいっしょに体験しませんか!  


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2014年03月 > 忘れる、ことを、忘れない!


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム