Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201210/post-109.php on line 109

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201210/post-109.php on line 109

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201210/post-109.php on line 109
怒りは、自分にも他人にも優しくしなさい、という信号です!|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



怒りは、自分にも他人にも優しくしなさい、という信号です!

2012年10月26日


アスリートのZONEの状態のように完璧でなくてもいいのですが、

いつも少しだけ(51対49)でもいいから、

気分や機嫌がネガティブな心に勝つ状態でいられる人は、当然安定感があり成果を出します。

尚且つ、人生を満喫し、創造的な思考方法を身に着け助けあうことに人としての意味を見出し人生の成功者となります。

少しだけいい状態Flowでいることは、意識化することだけですので、

Non Flowでいることが、

たった一度の人生において"どれほど もったいない"無駄な時間を過ごしているかということを理解しておく(トレニーング・鍛錬)とそれほど難しくなく大きな効果を得られます。

これを阻害する最も大きな要因は、恨みや妬みや怒りではなく、体調が悪く、病の中にいることが難敵です。

どうしてもNon Flowになりがちになります。

上手くいかないことに"怒り"でいっぱいになってしまいます。

様々なスキルを総動員して、"今を生きる"レベルまで持っていくことです。

でも手を変え品を変え"怒り"が襲ってきます。

心理学者のリチャード・ボルスタッドは

「怒りは、自分にも他人にも優しくしなさい、という信号です!」

と言います。

心のバランスを整えてくれる名言です。

全てをパワーに変えるResourcefulな生き方です。

(職員向けメッセージより)

前へ:少しだけ気分よく、Happy Flow!
次へ:個性を感性で受け止める力が支援力です。


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2012年10月 > 怒りは、自分にも他人にも優しくしなさい、という信号です!


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム