Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201202/post-99.php on line 106

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201202/post-99.php on line 106

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201202/post-99.php on line 106
援けようとすること|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



援けようとすること

2012年02月29日


病むということは孤独なこと。
一人で思い通りにならない身体と付き合っている心は、なかなか、いいことをイメージすることはむずかしい。

一人ひとりの生は、人との関係の中で感じられ、人はそれを、幸せであることを、必死に確認しながら歳を重ねていく。床に臥せていると、不安ということがどのようなことなのかがよくわかる。

集団で暮らしていても、存在に語りかけてくれ、寄り添い、あたたかい感情の中にいること、

そのことがどれだけ援けになるか、病は治らなくても、障害と言われても、

命の尊さのためにはあたたかさが必要なことを。

私たちは、神ではないができることがある。

何とかして援けようとすること、向かおうとすること、最後の最後にどんな時間を提供できるのか、を思って毎日毎日を、瞬間瞬間を大切にすること。その方の体験を自らのことのように感じられることが多くなるように努力すること、

そのことが、互いのペーシングの中で感じられることが習慣となるようにすること、

誰かのために絶対に必要とされる存在になること、
その人の希望となること、

そのために自らの感度、精度を上げるようにすること、

そして、心の養分を持つこと、保つこと。

人とは仲良くすること。

(職員向けメッセージより)

前へ:誰でもが幸せになる方法 
次へ:今年は"相互支援"の年


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2012年02月 > 援けようとすること


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム