Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201111/post-93.php on line 114

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201111/post-93.php on line 114

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201111/post-93.php on line 114
支え"られる人になる!|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



支え"られる人になる!

2011年11月09日


風にあたりに散歩するだげでも「歩行訓練」、家に帰るのも「帰省訓練」といわれた「措置」の時代、暮らすことが「指導・教育・訓練」で表現された。

80年代になり「共に生きる」「ノーマライゼーション」ということがいわれるようになったが、これも良心的な支援者側からの"目線を同じにしたい!"ということ。

国際障害者年の10年であったり、日テレの「愛は地球を救う!」というキャンペーンでTVで絵の上手な障害者がとり上げられた。

90年代になると、
エンゼルプラン、ゴールドプラン、ノーマライゼーション7か年戦略など基本計画が数値目標とともの示され「支援」という言葉が使われるようになる。

2000年になり介護保険という公助・自助に続き三番目の福祉、共助が始まる。

契約の社会は、対等、権利が守られるという意見もあったが、

圧倒的な大きなニーズの中で、自らの権利を主張できない人たちへは、

"生きる"ために必要な事柄さえ負担させられ、"事件"の報道は途切れない。

"支援"とは何を支えるのか?"当たり前"のことは、あたりまえ!。

「生きにくさ」を抱え、精一杯生きている人たちを、

私たち以上に安心に包まれ、幸せを感じられる暮らしを送っていただくために、

私たちの目は、手は、心は、魂は何をしようとしているのか!

Tさんの亡骸を前に、手を合わせたとき湧き上がってきた言葉は、

「あなたはしっかり生きてきた!」ということ、涙が止まらなくなった。

人は人でしか支えられない。

制度の改革を待つことでもなく、変えられることは自らの「あり方」を変えること。

現場は、いつも大変と言う、「大変」とは大きく変わること。

「いつか・・・なんとかなる」「いつか」ということばは永遠に実現しないと同じ言葉。

どんな時代、制度、政策下でもできること、

自らを自尊心を持って"福祉人"と呼べるように、

全てを肯定的に受け入れ、学び成長させ、"支え"られる人になるように変えること。

(職員向けメッセージより)

前へ:1/4の奇跡より
次へ:寄り添い、安心と輝く笑顔、それが全てです!


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2011年11月 > 支え"られる人になる!


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム