Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201012/1.php on line 107

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201012/1.php on line 107

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/201012/1.php on line 107
乗り越えてはじめて知る"よろこび"|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



乗り越えてはじめて知る"よろこび"

2010年12月22日


物事のはじまりはいつもストレスがかかります。

一日では朝です。一週間では月曜日で、一年では春です。

全ての"はじまり"は潜在意識では抵抗が起きているのです。

これは必ずしも悪いことではなく危険を回避するための行動や、現状保全システムとも言うべきものです。

メンタルブロック、人生の中での乗り越えなければならないこと「壁」と認識されるものです。

新しいことは危険が伴うのでそれをさせないための機能なのです。

「守護神」でもあるのです。

それを乗り越えるためには一歩踏み出さなければなりません。

自転車の踏み始めは重いのですが踏ん張り越えなければ、速く進んでいく状態にはならないのです。

どんな仕事・人生にも同じことが言えます。楽な仕事・人生は無いのです。

楽に見えているとしたら、"踏み始め"を超えてきた人なのです。

いつも「たいへん」と認識している人はどんな場面でも「たいへん」と思います。パブロフです。

"踏み始め"を乗り越えるためにはエネルギーがいります。

"誰かに必要とされている実感""誰かに認められているという実感""自由度があり納得感があること""成長実感が高く、共に喜びを生み出す仲間がいる"ことです。

私たちの次の目標は『組織力のUP』です。

(職員向けメッセージより)

前へ:自らが一歩踏み出すことにより感動を呼ぶ
次へ:チーム力


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2010年12月 > 乗り越えてはじめて知る"よろこび"


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム