Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200909/post-45.php on line 98

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200909/post-45.php on line 98

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200909/post-45.php on line 98
一時停止して『スペース』を置いて考える|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



一時停止して『スペース』を置いて考える

2009年09月18日


『心のケア』では、人は誰でも心の中にしっかりと安心して生きたいという心棒を持っていると考えます。

それを阻害しているストレスやこだわりを除去することにより、聡明な人格が現れ本来持っている力を発揮できるようになります。エンパワーメントという考え方に似ています。

べてる風にいうと「病気も回復を求めている。病気や症状のシグナルは回復に向かわせようとする大切な体のメッセージ」と解きます。

問題と思っている行為は「人が辛い体験や悩みに支配されそうになるとき回復(安心)するために軌道修正しようとする行為なのです」。

シグナルが見えたときに回復しようとすることをお手伝いすることが『心を支える』ということなのですが、大人は年季が入っているので簡単ではなく"障害=困った奴"にしてしまいがちになります。その視点では回復しようとしている方の"お役"にたてないのです。

その行為がパターンとなってしまった要素を、テーブルの上に乗せ眺めて考えて見ましょう、とべてるではいいます。

一時停止して『スペース』を置いて考えるということです。

前へ:命の格差
次へ:火災報知機は意思伝達装置


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2009年09月 > 一時停止して『スペース』を置いて考える


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム