Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200907/post-38.php on line 99

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200907/post-38.php on line 99

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200907/post-38.php on line 99
「苦労をしている」人へ「ご苦労様」。|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



「苦労をしている」人へ「ご苦労様」。

2009年07月08日


べてる流にいうと、病気が悪化している状態を「苦労している」と言います。

辛く苦しく爆発(パニック)を起こしてしまう状態も「苦労している」状態です。

人は、コミュニケーションがうまくいかず辛いことや、家族や大事な人との関係で悩んでいるときは「苦労している」ときです。

問題行動というと、厄介、困った人になってしまいますが「苦労している」人ならば、歩みより語りかける言葉は「ご苦労様」です。

「ご苦労様」と言う言葉は、「あなたの辛さは知っているよ!」とうメッセージです。気分が楽になる響きがあります。

べてるのもっとも大事にしていることは、「三度の飯よりミーティング」という自助グループです。「自助」と言いながら彼らの発言の中では「仲間がいるからがんばれる」と言うようなことが何度となく聞かれます。

孤立・不安→「爆発」の繰り返しから「仲間・わかってくれる人」がいる、という革命的な変化の中で「不適応状態を起こしてしまう自分と...共存していく」という「回復」にかかわる支援、私たちも「苦労をしてる人」というイメージを持ってみてはいかがでしょう。

(職員向けメッセージより)

前へ:"心が揺さぶられた"べてるまつり
次へ:"楽に"生きる


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2009年07月 > 「苦労をしている」人へ「ご苦労様」。


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム