Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200905/post-32.php on line 99

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200905/post-32.php on line 99

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200905/post-32.php on line 99
"心ある存在"として|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



"心ある存在"として

2009年05月25日


自閉症の人たちでストレスが整理されていない人たちは、支援者にとって"問題"となるさまざまな行為をしてしまいます。

多くは、ご本人が身体的、心理的にとてもつらいときに起こしてしまうストレス発散のために学習してきた数少ない方法です。

でもその行為が、我々の暮らしの中で容認ならない行為をしてしまうために本人ではなく我々にとって問題となります。

そして、その行為を続けていっても"生きにくさ"は増していくので違う方法(行動変容)を身につけなくてはなりません。

時間はかかりますが、何人もの改善が見られた人たちを見てきました。

間違いなく見えてる行為だけを止めようとしていてもうまくいきません。「その人が育ちの中でどのようにこの世界を体験(見えているのか?、感じているのか?)しつつ生きているのかということへの視点(支援者の眼差し)が大切です」

支援ニーズの大きさに潰されそうになりますが、"心ある存在"ととらえ、"より良い関係"を築き、"生きなおし(行動変容)"を促すという順番は変わりません。

(職員向けメッセージより)

前へ:「志向のための思考」という能力
次へ:やさしい育て方 


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2009年05月 > "心ある存在"として


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム