Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200804/post.php on line 97

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200804/post.php on line 97

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200804/post.php on line 97
みんな"よくならなければ"ならないのです|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



みんな"よくならなければ"ならないのです

2008年04月24日


地元の福祉関係者と会いました。その施設も重心の方たちを受け入れている施設です。
今後の受け入れ、将来の終の住みかの話題など、切れ目無く話が続きました。

福祉の仕事が契約の社会になってから、いい言葉ではないが、「勝ち組・負け組」という言葉があります。 福祉人としては、サービスが広がり障害を持っておられるご本人、その家族の人たちが安心して暮らせる社会になっていることが最も優先すべきことで、どこかの法人だけが上手くいっている、というのは最終的な目標ではないのです。みんな、よくならなければならないのです。負けを作らない、WIN=WINの関係です。

毎日の仕事から「誰でもが暮らしやすい町田」、「障害がどんなに重くてもこんないい暮らしができる」などの視点が見えるようになると、ソーシャルアクション(福祉水準を上げる活動)ということが身近に感じてきます。皆さんは、その"担い手"です。

福祉の仕事、どのレベルまでイメージできるかが勝負です。

(職員向けメッセージより)

前へ:緩やかな中でしか人はそだたない...私の持論です
次へ:『この仕事はどっちが助けられているか本当にわかったもんじゃない』のです


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2008年04月 > みんな"よくならなければ"ならないのです


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム