Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200804/post-1.php on line 98

Warning: include(/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200804/post-1.php on line 98

Warning: include(): Failed opening '/home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/_inc_head_doctype.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php56/lib/php') in /home/users/web14/7/3/0244737/www.machidafukushien.com/column/m/200804/post-1.php on line 98
緩やかな中でしか人はそだたない...私の持論です|町田福祉園のGMコラム
町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園のGMコラム



緩やかな中でしか人はそだたない...私の持論です

2008年04月11日


人間にとって「生きている」事の次に大きな要求は「心理的に生きる」ということです。それは愛され、理解され、認められ、必要とされ、感謝されることです。

知的障害者をもって生きることは、この中でも、理解され、必要とされ、感謝されるという体験が著しく、障害がない人たちよりも少ないのです。

「緩やかな中でしか人は育たない」というのは私の持論です。
心を使い、感情移入しながら、利用者様に接するとき、利用者様の心の中には、「ゆったり」とした「心理的スペース」が出来、「生きている」実感を感じることが出来ます。

利用者様を心の底から理解しようとするということは、(利用者様の見地に立ち、利用者様の立場から物事を眺め、利用者様が見ている世界を見、利用者様が考えているだろうことをイメージし、利用者様の気持ちを感じ取る)ということを職員集団が努めている中で可能となることです。
「誤解を受けずに理解される関係」が出来ていることが最大の支援かもしれません。

(職員向けメッセージより)

前へ:「福祉」とは「幸福」という意味!
次へ:みんな"よくならなければ"ならないのです


TOP過去のGMコラム記事一覧 > 2008年04月 > 緩やかな中でしか人はそだたない...私の持論です


このページトップへ



町田福祉園のGMコラムです。
町田福祉園 Mobile Site



町田福祉園のGMコラム